ネットワーク事業
NetRAPTOR
情報セキュリティ対策、情報漏洩対策にNetRAPTOR

企業活動におけるIT利用の通常化にともない、企業の内外を様々なデジタル情報が行き交うようになっています。
そのような状況が進につれ、Webメールを用いた社外との業務、掲示板などへの書き込みによる社内情報の漏洩、業務に関係のないWebアクセスの増加など、企業関係者を悩ませる問題は年々増加する傾向にあります。
NetRAPTORは、ネットワーク上を流れる通信データをすべて採取し、長期的、連続的に記録します。そして、記録されたデータは、必要に応じて検索、復元することが可能です。
さらに、不適切な通信を検知した際には、アラート・メールによって通知されます。
このように、NetRAPTORを導入すれば、万が一、情報漏洩が発生しても、その原因を究明することができます。また、全通信データを取得していることを組織内に周知することにより、情報漏洩に対する抑止効果が生まれます。

通信データの検索・再現/不適切な通信を検知・報告

不適切な通信を検知・報告イメージ図
Page topへ

NetRAPTORの特長

1.通信データの採取・保存

  • 社外~社内間で発生する全ての通信パケットを100%取りこぼさず採取しRAWデータとして保存します。
  • 採取した通信データを長期(数ヶ月間から数年)に渡って二次記憶媒体(内蔵/内部ハードディスク、テープ)に記録、保存できます。

2.通信内容の検索・再現

監査または調査する対象の通信データを絞り込むため、採取、記録した通信データに対して、キーワードやメールアドレスなどで検索。その結果を元のメールやWeb画面、添付ファイルに復元して確認することができます。

3.リアルタイムのアラート通知

  • Webサイトや電子メールアドレス、あるいは端末(IP)などの通信を常時監視し、ポリシーに応じ管理者に随時メールで通知します。
  • 通知された内容からダイレクトに警告内容にアクセス、再現表示します。また特定期間の発生アラート一覧を確認できます。

4.操作履歴(閲覧監査)

管理(監査)担当者がNetRAPTORを操作して通信データを検索、表示した全ての操作履歴を記録することで、管理担当者の不正利用に対し、多大な抑止効果をもたらします。

Page topへ

通信内容の検索・再現|高速全文検索

独自開発の高速全文検索エンジンを標準搭載。
2秒以内の検索レスポンス(データ領域3.6Tbyte搭載時)

メール、Webの再現、検索

管理(監査)担当者がNetRAPTORを操作して通信データを検索、表示した全ての操作履歴を記録することで、管理担当者の不正利用に対し、多大な抑止効果をもたらします。

Bcc送信のメールも再現・検索することが可能!

不正な通信手段に用いられる可能性のある、Bccメールの再現・検索はネットワーク・フォレンジック製品には必須の機能といえます。

添付ファイル内の文字列も検索可能!

TEXT、WORD、EXCEL、PDF、LZH、ZIPに対応!Webメールの添付ファイルの検索も可能です。

Webメールも再現可能!

Yahoo!メール、HotmailなどのWebメールに対応!

掲示板への書き込みを検索・再現可能!

書き込みを行った時のみに絞った検索も可能!

Page topへ

通信内容の検索・再現|Webブラウザで簡単検索

検索条件となる項目をわかりやすく表示。各項目については「ヘルプ」を参照可能。高度なコンピュータ・リテラシは不要、簡単にデータを検索することができます。

Webブラウザで簡単検索イメージ図
Page topへ

通信内容の検索・再現|わかりやすい検索結果表示

検索条件となる項目をわかりやすく表示。各項目については「ヘルプ」を参照可能。高度なコンピュータ・リテラシは不要、簡単にデータを検索することができます。

「データ内:主要顧客」で検索した場合のメールデータ検索結果

「データ内:顧客情報」で検索した場合のWebデータ検索結果

Page topへ

通信内容の検索・再現|論理演算式で高度な絞り込み

検索条件となる項目をわかりやすく表示。各項目については「ヘルプ」を参照可能。高度なコンピュータ・リテラシは不要、簡単にデータを検索することができます。

簡易検索画面

簡易検索画面

詳細検索画面

詳細検索画面
論理式を直接記述することで、より複雑な検索条件を指定することができます。
簡易検索で設定した条件に追加して論理式記述を作成することも可能です!
Page topへ

通信内容の検索・再現|検索条件を保持可能

複雑な検索条件も、一度登録すれば次からはワンクリックで検索可能になります。さらにアラート機能と組み合わせることで、管理者の負荷を大幅に低減することが可能になります。

検索条件を保持可能イメージ画面
Page topへ

通信内容の検索・再現|閲覧範囲の限定

閲覧範囲の限定イメージ画面
閲覧者毎にセグメントアドレスや特定ドメインといったキーワード指定を行うことで、閲覧可能な範囲を限定することができます。
「社内に存在する子会社の閲覧者は、親会社の利用者の通信については閲覧できない」といった条件の場合の例イメージ図 「社内に存在する子会社の閲覧者は、親会社の利用者の通信については閲覧できない」といった条件の場合の例
Page topへ

リアルタイム・アラート通知

リアルタイム解析・検索

社内から(社外から)掲示板へのアクセスや不適切な内容を含んだメール特定条件を条件式フィルタに設定しておくと、該当する通信が発生すると同時に管理者に対する警告メールが発信され、その通信内容を再現、確認できます。

リアルタイム解析・検索・アラート通知イメージ図

操作履歴|閲覧ログ

閲覧者(監査担当者)が参照した画面履歴を記録、再生します。

閲覧ログイメージ画面