ネットワーク事業AnyClutchRemote、クライアント仮想化ツール

インターネット環境さえあれば、どこからでもオフィスのPC、サーバを遠隔操作できる安価な法人向けリモートデスクトップサービスです。 PCはもちろんiPhone、iPad、Android端末からでも簡単接続!!

AnyClutch Remoteはクライアント仮想化ツールです

クライアント仮想化ツール
Page topへ

AnyClutch Remoteの3大特長

1.早い - 業界No1の遠隔スピード!!

なぜ、AnyClutch Remoteは早いのか?
それは基本エンジンであるVirtual Remote Video Driver 5(VRVD5)はアプリケーションソフトではなく、ドライバ技術だからです。

2.簡単 - 面倒な設定は不要!!

  • Webブラウザを使ったインターネットへのアクセスが可能な環境であれば、既存ネットワークの設定変更は不要。そのまま AnyClutchが利用可能。
  • 遠隔地のPC、サーバに「RemoteViewエージェント」、操作する端末に「RemoteViewビューワー」または Webブラウザを利用することで遠隔地のPC、サーバをリモート操作可能。

面倒な設定は不要

3.安全 - 優れたセキュリティ機能

  • 暗号強度は通常の倍、SSL 128Bit & AES 256Bitを使用。サービスポートは443番を使用。
  • 認証はASP ServerへのID・パスワードとアクセス先PC、サーバへのID・パスワードという2段階認証。
  • 操作端末のMACアドレス・IPアドレスを組み合わせた端末認証が可能。
優れたセキュリティ通信

  • 操作端末側PCに一切データを保存しない為、PCの紛失や盗難での情報漏えいの心配は不要。
  • AnyClutchは独自カスタマイズでファイルの転送許可・禁止をユーザ毎、または操作端末毎に設定可能。
権限設定
Page topへ

遠隔から電源コントロールで省エネ対策

PCやiPhone、iPadを利用して、Intel vPro搭載PCの電源操作が可能です。
遠隔電源コントロール
                                                                                                                                
Page topへ

一時的なサポートに電子メール招待機能

接続の為のPC情報、ID、パスワードをもたないエンジニアに対してワンタイムアクセス権が付与されたURLを生成し遠隔サポートを依頼することができます。
ワンタイムアクセス権は送信後30分のみ有効となり、再利用できないのでセキュリティも安心です。
招待機能
①障害発生
②社外のサポートエンジニアに電話で連絡、ブラウザから電子メール招待を送信し、遠隔サポートを依頼
③招待メールを受信、リンク(赤枠)をクリック、ブラウザを起動
④遠隔画面制御を開始、問題を解決、遠隔画面制御を終了、画面は企業内からも共有が可能
※招待できるのはPCのみ、また招待を受けられるのもPCのみ
Page topへ

AnyClutchで得られる利便性

  • 専用端末に縛られず自席や外出先からもいつでも利用が可能。
  • 閲覧端末はATOM CPUなどの低スペック端末でも利用可能。
  • 管理設定により閲覧端末および環境(院内のみなど)の制限も可能。
利便性
Page topへ

お問い合わせ窓口

ソリューション2部(ネットワーク事業) TEL 06-6282-1760 FAX 06-6282-1762
総合お問い合わせ