ジェイ・アイエスアイ事業
技術開発

材料開発、機器開発、意匠設計技術、ロジスティックス支援モデルの開発支援

少品種大量生産から多品種少量生産へ、さらに製品のライフサイクルの短縮化と、市場は大きく流動しています。
こうした時代の動きに対応するためには、間断のない新素材・新技術・新商品の開発が要求されます。
ジェイ・アイエスアイ事業では、製造・流通業の究極の目標である"市場ニーズに合った新技術・新製品の開発""製品・サービスの短納期化、適正品質化"をめざす研究開発の効率化、生産技術の高度化のための材料開発、機器開発、さらに意匠設計技術の開発などを支援いたします。また複数企業間を統合した研究開発(デザイン・イン)、生産モデル(ベンダー・ネットワーキング)生一販一物流モデルなど、新しいロジスティックス概念を支援する情報モデルを開発いたします。


導入事例

ソリューション導入・システム開発実績

  • ビルマネジメント業の常駐巡回業務の効率化を実証実験3ヶ月で証明した。
  • 大手製造業の全社システムの再構築を、システム企画4ヶ月、開発9ヶ月で実施。
  • 大手装置工業の(生一販)一貫システムをシステム企画3ヶ月、プロトタイプ開発3ヶ月、導入移行を5ヶ月で開発。

※上記の様な通常開発の事例を1/2~1/3の期間とコストで実現。新規事業構想に基づく支援情報システムを、
  事業の揺籃期から成長、展開と、各局面に応じた機能・レベルで開発しています。